2018年に買ってよかったもの10選

Pocket

2018年も12月となりもう終わってしまうので2018年に買ってよかったものを挙げていきます。ベスト10形式とかではなく雑に10個列挙していきます。

英文法テキスト 総合英語Evergreen

受験やTOEICの英文法テキストとして定番とも言われていた総合英語Forestの後継となる総合英語 Evergreenです。600ページ近くあり始める心理的障壁はそこそこなものですがこれを一冊やれば中高で習う英文法が総復習できるのでゆっくり読み進めています。

音声もダウンロードできます。専用のアプリとかではなくMP3形式なので扱いやすいです。Forestではリスニング用のテキスト(音源)が別売りだったのでお得な気分です。

いろんな「誰でもわかる」的な英文法のテキストが発売されていますが、素直にこれ一冊やるのが近道だと思います。1600円1冊で済むなら安いものです。

デザイン あ

子どもも大人も楽しめる「デザイン あ」のブルーレイディスクです。7年分の放送から人気コーナーをセレクトされており、90分のボリュームです。面白いのであっという間に過ぎてしまいます。

混雑を覚悟で日本科学未来館で開催された「デザインあ」の展覧会にも行ってきましたが平日&雨ということもあり人が少なめでゆっくり見ることができました。

モバイルバッテリー cheero Power Plus 4

使っていたモバイルバッテリーがへたってきたので買い替えました。

cheero Power Plus 4の良いところはUSB-Cで充電/給電ができることです。しかもPower Delivery 3.0対応。最近はスマートフォンやノートパソコンもUSB-Cが当たり前になってきており(iPad ProもついにUSB-Cに!iPhoneは未だにLightningですけど・・・)USB-C一本化への道に一つ近づくことができます。

USB PDに対応しているデバイスなら高速に充電することができます。

もちろんUSB-Aの端子も付いているのでレガシーな端末にも安心です。早くすべてのデバイスがUSB TypeCになってほしいものです。

AUKEY USB充電器 ACアダプター 46W

PDに対応したUSB-ACアダプタです。MacBook Proの充電用に購入しました。Apple純正のアダプタだと大きいから嫌だ、しかも高いから嫌だという人にオススメです。

USB-Aの端子も付いているので普段使っているケーブルでスマートフォンを充電することもできます。とりあえずこれを一つカバン、オフィスなど定期的にいくところに配備しておけばスマートフォンもMacBookの充電もできるので精神衛生上よろしいです。

4Kモニター EX-LD4K271DB (I/O DATA)

会社で4Kモニターを使うようになったので家でもと思い安く買うことができる4Kディスプレイを探していたところこのモニターに行き着きました。

買った当初はMac mini 2012で4K/30Hzでしか使っていませんでしたが、今はMac mini 2018に買い替えたため4K/60Hzで使用しています。

4万円代で購入することができるので1枚目の4Kモニターには最適です。電源もACアダプタではなく内蔵タイプなので電源周りもごちゃごちゃしません。安いモニターだとたまにACアダプタタイプがあるのでこの点は高く評価できます。

欠点はスタンドの高さが変えられないタイプという点です(もちろんチルト機能はあって上に20° 下に5°)。4Kで4万円ということでコストダウンは仕方ありませんね。どうしてもとなったらモニターアームでも買えば良いと思います。エルゴトロンのOEM品で1万切るものもあります。

Philips Hue (ヒュー) ホワイトグラデーション シングルランプ スマート LEDライト

いわゆるスマートLED電球と呼ばれるものです。

Amazon Echo Plusと組み合わせて使っています。EchoでもPlus以外やGoogle Homeだと別売りのPhilips Hue ブリッジが必要になるので要注意です。

この商品は単純に電球だけなので天井に取り付けられている電球と交換するもよし、好きなライトスタンドを買って取り付けるものよしです。自分は寝室にこのライトスタンドと組み合わせて使っています。布団に入ってからスイッチに手をのばすこと無く音声だけで消すことができます(自堕落な生活に)

イージーファイバー

中性脂肪が気になるお年頃です。この商品は要は難消化性デキストリンです。糖分や脂肪の吸収を抑えることにより、食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇をおだやかにしてくれるそうです。

実際にどの程度効果があるのかは不明ですが、意識的に運動もするようになったこともあって体重はいい感じに減少していっています。

これを飲むからといって安心せず食事には気をつけたいものです。

上記のは大容量パックでコストパフォーマンスが良いのですが、外食時のためにこちらを買ってカバンに2袋くらいいつも忍ばせています。こちらは大袋と比較するとコストパフォーマンスはよくないですが一回分ずつ個包装になっているので外食時には便利です。

カリタ コーヒーメジャー

何の変哲もないコーヒー豆用計量スプーンです。こう言ってしまうと元も子もないですが、デザインに一目惚れして買ってしまいました。それまでは百均で買ったような計量スプーンを使っていましたがこのスプーンに変えてからはコーヒーの味がワンランク上の豆を使ったかのように・・・なりませんが、見た目、手に持ったときの僅かな重みがより良いコーヒーブレイクタイムを演出してくれることは間違いありません。

あと、個人的には食洗機で洗うことができるのもメリットの一つです。

LEDライト搭載 折りたたみ撮影ボックス

小型の撮影ボックスです。50cm四方の撮影ボックスは持っていたのですがちょっとした物を撮るときにいちいち出すのがめんどくさいってことで小さめの撮影ボックスを購入しました。

背景布も付いているので撮影する商品によって変えることができます。

LEDライトはMicroUSBで給電するので使うときはモバイルバッテリーを使っています。当然こだわって物撮りするときには大きな撮影ボックス&ライト2灯使って撮影していますが、メルカリやヤフオクに小物を出品するときにはこれで十分といった感じです。アクセサリーや化粧品などであればこのサイズでも十分です。

Endurance カメラバッグ Ext(エクステンド) コンパクト&多機能 リュックタイプ

カメラバッグです。

実はEndurance Extを購入したのは2回目です。とても気に入って使っていたところ、マイナーチェンジされるということでついつい買い替えてしまいました。変更点はいくつかあり、上部を止めている方法がマジックテープからファスナー式に変わって点に惹かれて買い替えてしまいました。マジックテープは外すときにかなり大きな音がしていたので静かなところで開けるときは気になっていました。この変更はとてもありがたいです。この変更でリュックタイプのカメラバッグはこれ一択なのではないだろうか!?ってほどです(言い過ぎ)

いかにもなカメラバッグは避けたい、ショルダータイプだと肩が痛くなるのでリュックタイプがいい、撥水加工・レインカバーが付いているものが良い、という条件のもと探して見つけました。黒色だけでなくカーキやネイビーもあるのでこれらの色だとさらにカメラバッグという感じは薄れて良いのではないでしょうか。

以上、2018年に買ってよかったものを10個挙げてみました。さて2019年は何に散財しましょうかね。

Pocket