【Unity】AR Foundationを使ってみる

Pocket

AR Foundationとは

Unity公式が提供するiOS/AndroidでARを扱うためのパッケージです。AR FoundationはARの機能自体は提供せず各プラットフォーム(ARKit/ARCore)を使用するためのインタフェースを提供しています。

公式のドキュメントはこちら。

AR Foundationを利用する

Package Managerを使ってAR Foundationをインストールします。前述の通り実際にARの機能を使うにはARKit XR Plugin、ARCore XR Pluginも合わせてインストールすることになります。

今回は 3.0.0 Preview4 を選択してインストールします。ARKit XR Plugin、ARCore XR Pluginも 3.0.0 Preview4 をインストールします。

ARのセットアップ

ヒエラルキー上に

  • XR->AR Session
  • XR->AR SessionOrigin

の2つを作成します。AR SessionOriginの中にAR Cameraがあります。

元からあるMain CameraとDirectinal Lightは不要なので削除しておきます。

ビルドできるようにする

ここでiOS、Android向けにビルドできるように設定します。

Android

Player Settingsを開いて

  • Minimum API Level を24(Android 7.0)以上にする
  • Graphics APIs から Vullan を消す

iOS

Player Settingsを開いて

  • Camera Usage Descriptionを記入する
  • ArchitectureをARM64にする

オブジェクトを置いてビルドしてみる

空間にオブジェクトを置いてビルドして実行してARを体験してみましょう。

配置するオブジェクトはAssetStoreから適当なものをダウンロードしました。

ヒエラルキー上に配置し、以下のように設定します。

  • Position > Z : 1(目の前に置く)
  • Rotation > Y : 180 (手前に向ける)
  • Scale > X/Y/Z : 2 (今回利用したオブジェクトが小さかったため)

ビルドして実行してみましょう。カメラが起動し(かメラプレビューが表示され)、空間にオブジェクトが浮かんでいれば成功です。

このように AR Foundation を使うとかんたんにARを実現することができます。次回は AR Foundation を使って平面検出を試してみようと思います。

Pocket