WordPressのデータを丸々バックアップする

Pocket

WordPressを丸々バックアップしたい

定期的なバックアップは必須ですが、それに加えて丸々バックアップしたいときってありますよね?そうWordPress 5.0がリリースされた今とかです。WordPressをバックアップするプラグインはいくつかありますが、今回はAll-in-One WP Migrationを選択しました。

このプラグインはWordPressのサーバ移設を簡単にするプラグインですが、もちろん通常のバックアップとしても使用できます(バックアップを取って何か問題が発生したら同じサーバに復元する用途)

All-in-One WP Migrationをインストールする

いつもどおりWordPress管理画面のプラグインの項目を開き、新規追加に進みAll-in-One WP Migrationで検索してインストールして有効化します。

WordPress.orgからダウンロードする場合はこちらから

現在のWordPressをエクスポートする

移設する場合や単純にバックアップを取るときもエクスポート機能を使います。

プラグインを有効化すると管理画面の左のメニューにAll-in-One WP Migrationが追加されるのでその中からエクスポートを選択します。

エクスポートする際にはデータベース内にあるURLなどを置換することができます。他のサーバに移設する際は必要になるかもしれませんが単純にバックアップを取るという目的であればここはそのままで良いでしょう。

オプションも設定できますがこちらも単純なバックアップであればそのままで良いでしょう。バックアップサイズを少なくするために投稿リビジョンをエクスポートしないというのはありかもしれません。

エクスポート先をクリックすると展開されてエクスポート先を選択することができるようになります。FTPやDROPBOXなどはExtensionとして提供されており有料になっています。必要に応じて課金しましょう。

ファイルでのエクスポートは無料で使用できるので今回はファイルを選択します。するとエクスポートが開始されます。

ダウンロードが表示されたらクリックしてダウンロードします。この状態でダウンロードせずに閉じるを押してしまわないように要注意です。ちゃんとダウンロードしてから閉じます。

移設先にインポートする

移設する場合は移設先のサーバに、単純に今のサーバに復元する場合は同じサーバにインポートします。

インポートはとても簡単でファイルを選択するだけです。

実行するとデータベースや画像などのデータが上書きされます。

バックアップデータを管理する

メニューからバックアップを選択すると次の画面になるのでバックアップしたデータを選択してダウンロードしたり、復旧したりすることができます。もちろん不要になったバックアップデータを削除することもできます。

おまけ

これで安心してWordPress5.0にアップデートできますね?いやいや、プラグインの動作検証をきちんと行ってから実施しましょう。

このプラグインはローカルのマシンにMAMPなどでテストサーバを構築して動作確認を行ってから本番サーバを構築する際にも役立ちます。エクスポートしてローカルで検証&修正してインポートという手順が安心安全ですね。

Pocket